フォトアルバム

翻訳

▼山形県の人気ブログ

  • にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ

tracking

バイク Feed

2015年9月25日 (金)

定義ツーリング/ZX-11

Jougi_001

シルバーウイークの中日、モトサイクル・サトウさんのショップツーリングに参加。

Jougi_002

15台にて宮城県の定義へと向かいます。

Jougi_003

スタート直前にE氏が滑り込み到着dash

Jougi_004

白糸の滝ドライブインで休憩&合流。

Jougi_005

Jougi_006

定義に向かって再スタートです。

珍しいこのバイクはBMWのF650CS

Jougi_007

雲ひとつない快晴!

Jougi_008

国道13号を南下、途中のコンビニで休憩。

Jougi_009

更に宮城方面へと向かいます。

Jougi_010

東根から進路を東へ。

果樹園が左右に広がるフルーツラインを走ります。

Jougi_011

国道48号から定義へと入っていきます。

Jougi_013

定義到着。

Jougi_014

定義如来 西方寺の本堂。

Jougi_015

参道にある定義とうふ店が今回の目的でした。

しかし以前は小さな店で、外で食べるところもテントでしたが・・・すっかりキレイになってて驚きました。

Jougi_016

味は以前のまま。

美味しい!

カリカリ、ふわふわの食感が最高happy02shine

Jougi_017

時間まで周辺をぶらぶら散策です。

Jougi_018

参道は大勢の参拝客で賑わっています。

以前よりかなり栄えてる印象。

Jougi_019

定義を後にして秋保へと向かいます。

写真は大倉ダムの堤体上を走る道。

Jougi_020

秋保大滝に到着。

ここで昼食でした。

さっきの定義は昼食ではありません(笑)

Jougi_021

そして帰り道。

15:00を過ぎると風も冷たく、秋を感じます。

Jougi_022

村山で給油。

善光寺マニアさん(下記)が撮ってくれた給油の様子。

Jougi_023

給油の後、次年子(じねんご)を通って酒田に戻りました。

ちょっとしたハプニングはあったものの、皆さん無事完走です。

Jougi_024

夜は有志にて。

Jougi_025

宴は午前2:30頃まで・・・coldsweats01

翌日も秋の一泊ツーリング相談会で飲み会なんですけどねcatface

楽しい一日でした。

庄内の温泉
酒田/鶴岡の温泉|ビジネスホテル|母と娘で |子供歓迎 |記念日 |ペット同伴

home北海道ツーリング 北帰行 風の旅人
山形県の温泉地 ( 湯野浜温泉/温海温泉/他 )
酒田市、鶴岡市のビジネスホテル

2015年9月16日 (水)

田んぼアート(米沢)ツーリング

Yonezawa_tanbo_art_01

晴れの平日、バイクで米沢市へ向かいました。

以前から田んぼアートを見たいと思っていたのですが、今季は10/4に刈り取りをするとwebで見たので、今を逃すと刈られてしまう!(笑)

と思い立って一人で出発です。

出張やイベントなどで土日出勤があったりするので、その分たまに平日休みになるのもいいものです happy01

Yonezawa_tanbo_art_02

米沢市の小野川温泉に到着!

「田んぼアート駐車場」の看板にしたがって停車。

本当に温泉街の中にあるんですね・・・。

Yonezawa_tanbo_art_03

バイクを降りてキョロキョロ

(・_・ ) ( ・_・)

あっちか

Yonezawa_tanbo_art_04

おおおおおー

たんぼアートだー

あれ・・・?

でも黒くて影絵みたいになってるぞ・・・coldsweats02

Yonezawa_tanbo_art_05

そうか・・・もう刈り取り時期で色が茶色一色になっちゃったんだなcoldsweats01

Yonezawa_tanbo_art_07

これがデザイン図

※米沢市田んぼアート公式サイトより

Yonezawa_tanbo_art_06

ちなみにこちらが7月頃の様子らしい

※米沢市田んぼアート公式サイトより

Yonezawa_tanbo_art_05_2

まあ、コントラストはなくなりましたが・・・

よく見れば顔の表情とかまだ分かるので良しとしましょう coldsweats01

というわけで

教訓

田んぼアートは夏に見に行くべし!

Yonezawa_tanbo_art_08

いろいろ経緯も書いてあります。

大変な作業なんですね。

実施されている皆さんに感謝です。

来年またきれいな時期に見に来たいです。

Yonezawa_tanbo_art_09_2

米沢から戻り途中

昼食で寒河江の「そば焼き肉ふくろう」さんに寄りました。

Yonezawa_tanbo_art_10

さて何にしようか・・・

Yonezawa_tanbo_art_11

と言いながら

いつもの冷たい肉そば大盛りです happy01goodshine

昼はいつも混んでますが、今日はちょっと時間がズレていたのですぐ座れました。

今回も絶品の美味しいそばを頂きました。

Yonezawa_tanbo_art_12

夜は焼肉もやっています!

お得なプランもあっておすすめです。

Yonezawa_tanbo_art_13

店主さんに撮って頂きました camera

たまにしか来れませんが、かれこれ7年くらいの交流。

また近くに来たときは食べに来ますhappy01

そば焼肉ふくろう
寒河江市大字寒河江字内の袋84-1
TEL 0237-85-6522
11:30-14:00 / 17:30~21:00
定休 月曜

Yonezawa_tanbo_art_14

帰り道はまた国道112号。

うっすらと紅葉が始まりつつある感じです。

冬季閉鎖のない国道では日本一標高の高い山岳道路。

あと2ヶ月もすればこの道は雪が降ります。

Yonezawa_tanbo_art_15

酒田に着いたのは15:00すぎ。

晴れの気持ちいい一日でした。

庄内の温泉
酒田/鶴岡の温泉|ビジネスホテル|母と娘で |子供歓迎 |記念日 |ペット同伴

home北海道ツーリング 北帰行 風の旅人
山形県の温泉地 ( 湯野浜温泉/温海温泉/他 )
酒田市、鶴岡市のビジネスホテル

2015年7月27日 (月)

F6B / VFR800X 試乗してみました。

Hondawing_shonai

ホンダウイング荘内さんの試乗会に来ました。

F6b_01

今回はコレに乗ってみたい。

ゴールドウイングF6Bです。

F6b_02

以前ゴールドウイングは試乗しましたが

同じ車体をベースにスポーツタイプになったものがF6B。

F6b_03

直列6気筒1800ccの巨体から発生するパワーは絶大の一言。

よく考えたら私の車の7人乗りアイシスも1800ccですから、それは力も凄いはずです。

しかし車重390kgを操るには初心者ではまず難しい・・・coldsweats01

もしこのバイクに乗りたいと思われているならば、ある程度の大型バイクに慣れている経験が必要と思います。

走り出してしまえば巨体に似合わず軽快で、かなり倒して曲がっても大丈夫でしたが、問題は低速時。

発進と停止ではバランスに神経を使わないと怖いですcoldsweats01

ただメーカーもこの点は考慮してあり、発進時の半クラッチ操作でエンストしにくいよう低速トルクを特に厚くしてあるとの事。

そのためスタートからドカンと加速するパワーはまさに圧巻。

ロングツーリングにはこれほど快適なクルーザーはないでしょう。

Vfr800x_01

次に乗ったのはVFR800X

Vfr800x_02

幅広なハンドルと815という高めのシート高。

Vfr800x_03

まず視点が高くて広い。

両腕を大きく開いて遠くまで見渡せるライディングポジションは快適そのもの。

VFRという名の通り、エンジンはV型4気筒。

V型特有の鼓動感が響きます。

アクセルを開けると荒々しいレスポンスの鋭さで急激に加速。

800ccで100馬力、しかもHYPER-VTEC

姿勢よく乗っている外観からは想像も出来ない荒馬ぶりです。

V型サウンドもクセになりそう。

ツーリングユースからスポーツ走行までこなせる楽しいバイクでした。

Hondawing_shonai2

普段もある程度試乗できますので、乗ってみたいバイクがあったら一度お店に相談してみましょう。

ホンダウイング荘内 0234-92-3838

庄内の温泉
酒田/鶴岡の温泉|ビジネスホテル|母と娘で |子供歓迎 |記念日 |ペット同伴

home北海道ツーリング 北帰行 風の旅人
山形県の温泉地 ( 湯野浜温泉/温海温泉/他 )
酒田市、鶴岡市のビジネスホテル

2015年7月12日 (日)

ZX-11チョイ乗り 9

Zx11_0711_01

ちょっと暑い日でしたがバイクを動かしました。

いつもの遊佐町で写真撮り。

鳥海山がきれいでした。

Zx11_0711_02

マフラーを純正に戻してから静かなバイクです(笑)

それでも1100ccの排気量で結構太い音はしますね。

Mt_chokai

稲も伸びて、青々とした葉が風になびいていました。

日本人はたいていふるさとの山を持っている。

山の大小遠近はあっても、 ふるさとの守護神のような山を持っている。

そしてその山を眺めながら育ち、 成人してふるさとを離れても、 その山の姿は心に残っている。

どんなに世相が変っても その山だけは昔のままで、 あたたかく帰郷の人を迎えてくれる。

深田久弥 「日本百名山」より

日本百名山 (新潮文庫)

庄内の温泉
酒田/鶴岡の温泉|ビジネスホテル|母と娘で |子供歓迎 |記念日 |ペット同伴

home北海道ツーリング 北帰行 風の旅人
山形県の温泉地 ( 湯野浜温泉/温海温泉/他 )
酒田市、鶴岡市のビジネスホテル

2015年7月 5日 (日)

ZX-11チョイ乗り 8

Zx11_0705_2

夕方にちょっと走らせました。

あまり乗れないので、休日の空いた時間に1時間ほど動かして機関の維持に努めます。

毎年恒例、夏の一泊ツーリングも近いのでチェーンを磨いて注油。

古いバイクですが心強いサービスショップが付いてくれてるので新車のように調子いいです goodshine

庄内の温泉
酒田/鶴岡の温泉|ビジネスホテル|母と娘で |子供歓迎 |記念日 |ペット同伴

home北海道ツーリング 北帰行 風の旅人
山形県の温泉地 ( 湯野浜温泉/温海温泉/他 )
酒田市、鶴岡市のビジネスホテル

2015年5月30日 (土)

ZX-11/早朝ツーリング

Dsc02992

日曜の朝7:00に有志8名にてショートツーリングです。

Dsc02996

ここのところ毎日しつこく晴れて全く雨のない日々。

バイク乗るには良いんですけど、こう日照り続きだと雨の潤いも恋しいところです。

Dsc03018

一団はブルーラインを目指します。

ツーリングと言っても峠走行なので付いていけるか心配 coldsweats01

Dsc03026

何だか速そうなバイクばっかりなんですよね・・・coldsweats01

Dsc03033

という訳で秋田県側からブルーラインを上り、あっという間に登山口です。

得意の走行中撮影も、このメンバーの速度域では無理でした。

Dsc03032

全部で8台。

ブルーラインの上は寒いかと思ってたら朝8時過ぎで既に暑いくらいでした。

Dsc03036

さて、今度はまた秋田県側に下って仁賀保高原へ。

Dsc03050_2

象潟方向の日本海まで絶景で素晴らしい。

見とれていると突っ込むので注意coldsweats01

Dsc03061

土田牧場に到着です。

まだ時間が早いので空いてましたよ。

Dsc03062

冷たいソフトが美味いcatface

Dsc03063

他のライダーさん達もチラホラ。

Dsc03064

私はやきやきポーク!

うまい!delicious

Dsc03075

後はそのまま酒田まで。

Dsc03086

Dsc03098 Dsc03118

置いて行かれるぅ~coldsweats02sweat01

Dsc03131

って、そんな飛ばしてませんけどね。

Dsc03149

十六羅漢に到着。

あとはここで解散です。

たまにはこういうツーリングでタイヤの端っこを減らさないとね。

Dsc03150

お疲れ様でした。

庄内の温泉
酒田/鶴岡の温泉|ビジネスホテル|母と娘で |子供歓迎 |記念日 |ペット同伴

home北海道ツーリング 北帰行 風の旅人
山形県の温泉地 ( 湯野浜温泉/温海温泉/他 )
酒田市、鶴岡市のビジネスホテル

2015年5月 5日 (火)

【ZX-11】男鹿・八郎潟ツーリング その3

<<<<< その1  <<<<< その2

0503_017_2

道の駅で昼食を済ませた後は、干拓地を横切って酒田へ。

直線の両脇を菜の花と遅咲きの桜が彩ります。

0503_018

走っても走っても延々と続く菜の花の風景。

0503_019

0503_020

0503_021

やっと外周まで来たことを知らせる水路が現れる。

何ともスケールの大きな土地でした。

0503_022

山形県境に近い象潟町まで来ました。

そのまま国道7号で行くのではなく、冬期通行止めが解除されたばかりの鳥海ブルーラインで山形県入りします。

0503_023

秋田県側は山形県側と比較して道の狭いタイトなコーナーが多い。

0503_024

ブルーライン上部の5合目付近では雪渓が現れる。

しかし今年は暖かかったせいか随分と少ない。

0503_025

連休という事もあり、すれ違うバイクも多かった。

0503_026

途中の駐車帯で休憩です。

0503_027

一番奥に見えるのが鳥海山の山頂。

0503_028

雪のある山肌の景色はこの時期しか撮れない。

0503_029

0503_030

海側の眺め。

0503_031

仁賀保高原の風車群が小さく見えます。

0503_032

少し走って雪渓のある駐車帯でまた停車しました。

0503_033

ここは鳥海山の山スキーをする場所としても知られています。

0503_034

よく見ると上の方にスキーヤーが点々と。

リフトなどありませんから、もちろん担いで登って滑る訳ですね。

0503_035

後は山形県側に下って酒田へと戻ります。

0503_036

ブルーラインも開通すれば今年もバイクシーズンの幕開け。

とはいえ小さな子供のいるパパライダーは頻繁に出かける事はできませんが、恒例の夏と秋の一泊ツーリングが今から楽しみなところ。

去年の秋は会津でしたね。

2015年も皆さん無事故で楽しめますように confident

<<<<< その1  <<<<< その2

庄内の温泉
酒田/鶴岡の温泉|ビジネスホテル|母と娘で |子供歓迎 |記念日 |ペット同伴

home北海道ツーリング 北帰行 風の旅人
山形県の温泉地 ( 湯野浜温泉/温海温泉/他 )
酒田市、鶴岡市のビジネスホテル

【ZX-11】男鹿・八郎潟ツーリング その2

<<<<< その1  その3 >>>>>

0503_007

八郎潟に入ると延々と続く直線が始まる。

なんたって琵琶湖に次ぐ日本2位の広大な湖を干拓(埋め立てとは違う)した土地なのですから。

0503_009

連休で帰省中のK氏。

映画トップガンで一世風靡したGPZ900Rを所有するも滞在先にあり、帰省時用に自宅に置いてあるカタナ250もまた滅多に乗らないもんだから整備中(笑)

結局その代車で借りたBMW F650CSでツーリング。

0503_010_2

道の駅おおがた(産直センター潟の店)に来ました。

ここで昼食です。

連休ということで屋台テントが数多く並んでました。

0503_011

ちょっと美味そうなラーメンに惹かれる。

0503_012

味はまあ美味しかったけど・・・

生タイプのインスタント麺だった・・・bearingsweat02

ラ王にちょっといいハムを乗せた感じ(笑)

ま、500円だしね coldsweats01

0503_013_2

友人らは中のお店で食べるらしい。

0503_014

やっぱりここで一緒に選んでおけばよかった(笑)

さっきのは量も少なかったしなーcoldsweats01

0503_015

あ、横手やきそば。

本当のお店が出してるテントのようだ flair

0503_016

まさか2回メシ食うとは思わなかった coldsweats01

でもこれでやっと満腹!

美味しかったです happy01

その3に続く >>>>>

庄内の温泉
酒田/鶴岡の温泉|ビジネスホテル|母と娘で |子供歓迎 |記念日 |ペット同伴

home北海道ツーリング 北帰行 風の旅人
山形県の温泉地 ( 湯野浜温泉/温海温泉/他 )
酒田市、鶴岡市のビジネスホテル

【ZX-11】男鹿・八郎潟ツーリング その1

0503_001

晴れの連休。ちょっと日帰りツーリングです。

0503_002

E氏が車で見送りに来てくれました。

いつもピカピカのSAIだねぇ~ shine

0503_003

秋田方面へと北上。

快晴で海もべた凪。

0503_004

秋田セリオン近くのローソンで休憩です。

このコンビニの写真とは反対の道路側に・・・

72hr

ドキュメント72時間という番組で取り上げられた自販機がある。昔はウチの近所の空き地にもあった【そば・うどん自販機】。なぜか知らないが美味くて中学生時分には自転車でずいぶん通いました。30年ほど経った今でも食べたくなるほど強く記憶に残っています。

今日は先を急ぐので今度寄ってみよう。

ちなみにこの時のは録画してレコーダーに残ってます。

0503_005

秋田港を後にして一路、男鹿方向へ。

沿岸の広い道が続きます。

0503_008

男鹿半島に入るといったん停車。

0503_006

巨大ななまはげが出迎えてくれました。

本当は男鹿半島の先端、入道崎(にゅうどうざき)まで行きたいのですが、連休の混雑を予想してそちらは回避。

半島を横断する形で八郎潟に入ります。

その2に続く >>>>>

庄内の温泉
酒田/鶴岡の温泉|ビジネスホテル|母と娘で |子供歓迎 |記念日 |ペット同伴

home北海道ツーリング 北帰行 風の旅人
山形県の温泉地 ( 湯野浜温泉/温海温泉/他 )
酒田市、鶴岡市のビジネスホテル

2015年4月28日 (火)

ZX-11チョイ乗り 7

Zx11_0426_01

天気が良かったのでZX-11(D1)を動かしました。

キャブがカブりまくりで調子悪かったので

( 何せ93年式だからなぁcoldsweats01 )

パーツ交換してもらったら、新車のようなエンジンフィーリングに激変。

あまりに軽く吹け上がるので排気量が半分になったのかと思うほど。

つまり今まで相当調子が悪かったって事だよね・・・coldsweats01

今回オイル交換で入れたスーパーゾイルもかなり効果があるとは思うけども。

マフラーも爆音だったので純正にしました。

今後は年相応に大人のライダーとして楽しみますcoldsweats01

Zx11_0426_02

またこの日は子供たちと公園にも。

特急いなほが真横を駆け抜けるこの公園は結構人気です。

Zx11_0426_03

また天気の良い休みに来ような catface

庄内の温泉
酒田/鶴岡の温泉|ビジネスホテル|母と娘で |子供歓迎 |記念日 |ペット同伴

home北海道ツーリング 北帰行 風の旅人
山形県の温泉地 ( 湯野浜温泉/温海温泉/他 )
酒田市、鶴岡市のビジネスホテル

New !

Google