フォトアルバム

翻訳

▼山形県の人気ブログ

  • にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ

tracking

« 滋賀出張 | メイン | 2015 第30回 大崎バルーンフェスティバル »

2015年11月21日 (土)

ZX-11/酒田余目道路を走ってみた

2015_11_20_01

能登半島ツーリングからバイクを動かしてなかったので、機関維持のために走らせました。

Map_01

 今回、先頃に一部開通したばかりの余目酒田道路を走ってみました。

Dの新堀から酒田へ向かってBで降ります。

2015_11_20_02

新堀から本線に乗ります。

Map_02

新庄から来る47号側はそのまま本線になりますが、酒田側からの47号はT字路の信号から左折して本線に合流する形になります。

2015_11_20_03

ほぼ直線の広い道です。

2015_11_20_02_2

橋を越えていくと

2015_11_20_04

間もなく最初の分岐が出ます。

2015_11_20_05

ここで降りると日本海病院の方向へ行けるようです。

Map_03

2015_11_20_06

更に先へ行きます。

一番大きな分岐点。

2015_11_20_07

今回は松山方面へ行ってみます。

側道を降りずに直進すると、東町のチャンピオン前を通る道にそのまま接続になりますが、松山方面に方向を変えたい、または日東道に入りたい場合は側道を降ります。

Map_04

側道を降りて

松山に行きたい場合は右側分岐で信号停止。

日東道に入りたい場合は左側分岐でそのまま進みます。

しかし、何とも分かりづらい設計になってます bearingsweat01

分岐を重ねないと先に行けない構造になっているため、初めて走る人は混乱しそう。

せめて降り口の数百m手前に説明看板でもあればいいのですが、現時点ではそれもないので、いきなり降り口まで来てから判断を迫られる形です。

高速を走り慣れている私ですら「え?どうなってんだ?」と慌てました。

何でこういう分かりづらい構造にしたかな-。

高齢者とか観光で訪れる土地勘のない人にはかなり不親切で、これは逆走を招きそうで非常に心配です。

今後もっと看板など整備が追加されていくのならばいいのですが・・・。

詳しい道路の情報はこちら >>>>>

2015_11_20_08

季節はもう冬に向かっているのでバイクも寒かった。

2015_11_20_09

100均で買ったサンタとトナカイとイス(笑)

別々に買ったんですけど組み合わせたら良い感じ happy01

 

庄内の温泉
酒田/鶴岡の温泉|ビジネスホテル|母と娘で |子供歓迎 |記念日 |ペット同伴

home北海道ツーリング 北帰行 風の旅人
山形県の温泉地 ( 湯野浜温泉/温海温泉/他 )
酒田市、鶴岡市のビジネスホテル

New !

Google